HOME > 日文センターについて/ 日文センター案内

日文センターについて

日文センター案内

センター所長ごあいさつ
日本語・日本文化教育センター所長/留学生別科長  錢 鷗  (セン オウ)

日本語・日本文化教育センター所長/留学生別科長

『最高の環境で過ごす1年を私たちと共に』

同志社大学は、アメリカのアーモスト大学で学び、日本人として初めて学士号を取得した新島襄によって、1875年に同志社英学校として創設され、日本でもっとも古い歴史と伝統を誇る大学のひとつです。現在、同志社大学は、新島の精神を受け継ぎ、キリスト教主義、自由・自治の精神、および国際主義の3つの柱を大学教育の原点におき、教育・研究を行なっています。

同志社大学日本語・日本文化教育センター/留学生別科は、1999年4月に留学生別科として開設され、高度で充実した日本語教育を実践・展開しています。本学をはじめ、わが国の大学・大学院への入学を目指す外国人および海外交流協定校が本学に派遣する交換留学生などに対し、日本語を教授し、学生が日本文化に関する理解を深めることを目的にしています。年度により異なりますが、約50ヶ国、300~380名程の留学生の皆さんが、各自の日本語レベルに応じて集中的に学んでいます。また、AKP同志社留学センター、テュービンゲン大学同志社日本研究センター、スタンフォード日本センターおよび、京都アメリカコンソーシアムの学生の皆さんは、それぞれ独自のプログラムで勉学に励んでいます。

このセンターで日本語・日本文化を学び、日本についての理解を深めて、さらに学部・大学院へ進学することができれば、皆さんの将来に大きな1ページを刻むことになると確信しています。また、日本の伝統と文化の原点ともいえる京都という地において、生活し、学びを深めることは、個人の精神的・人格的成長にも資するものと期待しています。多くの意欲ある留学生の皆さんが本学において学んでいただくことを切に願っています。

日本語・日本文化教育センターについて
Center for Japanese Language and Culture

日本語・日本文化教育センター(以下:日文センター)は、同志社大学に在学するすべての外国人留学生に対する日本語・日本文化教育を担う目的で設置されたセンターです。
日文センターでは、本学の国際主義教育の更なる推進のために、すべての外国人留学生の受入れから、充実した科目の設置・提供による教育支援や生活支援、海外からの短期プログラムの受入れおよび実施等、本学の「海外からの受入れ」に関わるあらゆる業務を担っています。

 

image日文センターは、渡日にあたり日本語能力が十分でないと配置大学に判断された国費外国人留学生(大使館推薦による大学院レベルの留学生)に、専門教育までの6か月間、日本語予備教育を行なう「指定日本語教育施設」(日本語予備教育機関)として国に認定されています。
また、日本政府(文部科学省)が奨学金留学生として募集した、日本の大学において日本語能力及び日本事情・日本文化の理解の向上のための教育を受ける外国人留学生(日本語・日本文化研修留学生)も受け入れています。

留学生別科について
Intensive Japanese Language Program “Bekka”

『同志社大学 留学生別科』は1999年4月に開設され、同志社大学をはじめとした日本国内の大学・大学院への入学を目指す外国人(私費留学生)に日本語を教授し、日本文化に関する理解を深めてもらうことを目的としています。2007年4月から「日本語・日本文化教育センター」のもとに再編されましたが、留学生別科課程として、従来同様のきめ細かい指導を特徴としています。

※留学生別科は2016年度より学生募集を停止しました。

ページの先頭へ