HOME > 日文センターについて/ 教員紹介

日文センターについて

教員紹介

経験豊富な教員がきめ細かに指導

image日本語・日本文化教育センター/留学生別科で日本語指導にあたるのは、海外や他の教育機関において豊富な日本語教育の経験を持つ、日本語教育学・日本語学・言語学専門のエキスパートです。専任教員のほか、兼担教員(本学の学部・研究科所属教員)や嘱託講師、合わせて70名を越える先生方が教壇に立ち、留学生の日本語上達および日本事情や国際事情の理解を深めるために、きめ細やかで温かい指導を行なっています。

 

また、日本語・日本文化教育センター/留学生別科では、所属教員の研究成果を収めた 『同志社大学日本語・日本文化研究』 を年1回発行しています。

内容は、同志社大学学術リポジトリから検索することができます。

教員からのメッセージ (専任教員からのメッセージ)   

image

「新時代を創り上げる人材を育てたい」
教授 平 弥悠紀
1999年4月、交換留学生6名、私費留学生11名を迎え、同志社大学留学生別科は小さな第一歩を踏み出しました。多くの留学生が留学生別科で学び、修了生は世界を舞台に活躍しています。同志社大学130有余年の歴史に比べると、留学生別科の歴史は短いですが、振り返ってみますとその間にもいろいろなできごとがあり、お一人お一人の学生さんとのかかわりを通して多くのことを学ばされていることに、感謝の気持ちでいっぱいです。

20世紀のキーワードが「強さ」であるなら、21世紀は「弱さ」であるとも言われています。強い者も弱い者も共生できる21世紀を、良心を手腕に創り上げていく人材を同志社から世界に送り出したいという願いをもって、教員一同心を込めて日々教育にあたっております。単に日本語や日本文化を学ぶだけでなく、「目に見えないもの」にこそ心を留めることのできる(「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」―『聖書』「コリントの信徒への手紙II」第4章18節)、心の豊かな人材を育てたいと祈りつつ歩んでおります。

このような私たちの日本語・日本文化教育センター/留学生別科で、一緒に学んでみませんか。皆さんとの出会いを、心から楽しみにしております。

image
「京都でみなさんを待っています」
准教授 松本 秀輔

同志社大学は、京都の町のほぼ中心に位置し、キャンパスの周りには、京都御所や数々の寺・神社をはじめ、多くの歴史遺産や、伝統工芸品の工房、茶道・華道の宗 家、和菓子の老舗等々、長い歴史の中で京都の文化を創り上げ今に伝えている様々な施設が、徒歩で行ける範囲内に数多く存在しています。留学生のみなさんにとって は、この同志社大学は日本の言葉と文化に直接触れ、肌で感じ、深く学び取ることのできる絶好の環境にあると言えるでしょう。

また、日本語・日本文化教育センター/留学生別科には、留学生のみなさんの目的や夢を全力でサポートする教員やスタッフが揃っています。1999年の留学生別科創設以 来、年々留学生数も増え、現在ではその国籍も驚くほど豊かになりました。学生の留学後の進路も多様になり、大学や大学院に進学する人、日本で就職する人、帰国し て勉強を続ける人、さらに別の国に留学する人、と様々です。しかしそのような中でも、留学生一人ひとりを大切に考え、それぞれの目的に応じたアドバイスや援助を きめ細かに行う体制は、一貫したものがあります。留学生一人ひとりに心から満足して留学生活を送ってほしい、同志社での経験を豊かな将来につなげてほしい、これ は教員・スタッフ一同の共通した願いです。

留学生のみなさん、どうぞこの同志社大学を訪れてみてください。みなさんに会える日を楽しみに待っています。

image
「京都で素敵な出会いを」
准教授 李 長波

みなさん、こんにちは。日本語・日本文化教育センター(日文センター)の
李 長波(り ちょうは)です。留学生のみなさんに日本語を教えています。

1989年の秋初めて京都に来てから、勉強も仕事もずっと京都でした。いつのまにか、京都が自分のふるさとになり、京都を離れて生活することができない自分に気づきました。これまでずいぶんたくさんの神社、お寺、名所旧跡を見てきましたが、いまでもときどき街角で新しい発見をすることがあり、鴨川を見るといつもほっとするものを感じます。

京都は美しい自然と香り高き文化の町です。鴨川は同志社大学のすぐ近くにあり、四季おりおりに、いや一日中、刻一刻と表情を変えます。その姿はとても魅力的です。京都には、日本の伝統文化と美しい自然にあこがれて、世界中から留学生が集まってきます。日本文化の奥深さに触れるためにも、異文化コミュニケーションのためにも、格好な町です。そして何よりも京都は落ち着いて勉強することができる町です。

ことばは、人と人を結ぶ素敵な架け橋であり、未知の世界のとびらを開くための鍵です。みなさん、同志社大学で、日本語を通じて、未知の世界のとびらを開き、素敵な出会いをしてみませんか。

image

「同志社大学で未来への土台づくりを!」
准教授 徐 潤純

みなさん、こんにちは。日本語・日本文化教育センターの徐潤純といいます。徐潤純と書いて、ソ・ユンスンと読みます。

同志社大学のある京都は、過去と現在が共存するとても魅力的で、不思議な街です。街のあらゆるところに、千数百年前の建物や歴史上の様々な遺物がいまだ息づき、そうかと思えば、任天堂や京セラ、ワコールなどといった世界的な最先端企業も同じく存在しています。そのような街で同志社大学もその歴史の一端を担ってきましたが、現在のような京都が存在するのは、やはり過去、つまり歴史や伝統などといったしっかりとした土台があるからこそだと思います。そのような揺るぎない歴史と伝統がどんどん新しい未来を造り出し、現在、そして未来へと繋がっているのです。

みなさんは自分の未来の姿というものを想像してみたことがあるでしょうか。なりたい職業や住みたいところ、未来の家族像などいろいろあると思います。そのみなさんの想像する未来を実現するためには、未来への過程である土台、つまり現在、そして未来から見ると過去がきちんと形成されていなければなりません。

みなさんがこの京都、そして同志社大学で学びながら、過去と現在の躍動、来たる未来を全身でどんどん感じ、なりたい自分を確信し、素晴らしい未来を創造できる人となることを心から願います。

同志社大学での学びの時が、みなさんの未来への確固たる土台となるよう、私も一所懸命サポートしていきたいと思います。教室で会える日を楽しみにしています。

image
「ようこそ、同志社へ」
准教授 木谷 真紀子

はじめまして、木谷真紀子と申します。 皆さんは今、日本への留学と言う「志」を持ち、このホームページをご覧になっていることと思います。

すでに日本語の勉強をされている方は、言語が文化と共にあり、その文化を知らなければ言語を完全に理解することは不可能だと感じておられるのではないでしょうか。同志社は京都御所の北側にあります。京都は日本で一番長く都が置かれた都市であり、今も様々な伝統文化や芸能、工芸が息づいています。日本の文化を学ぶのに京都より適した土地はなく、またそれは京都が日本語を学ぶのに最適であることを意味しています。

さらにこの同志社は、「留学」と深く結びついている学校です。
同志社大学の前身である同志社英学校は、1875年、新島襄先生によって創立されました。新島先生は1864年、鎖国をしていた江戸時代の日本を飛び出してアメリカに渡り、フィリップスアカデミーやアーモスト大学、アンドーバー神学校で学んで帰国。日本にキリスト教主義の学校を作るという夢を実現しました。
つまり新島先生の留学がなければ、同志社大学は今、存在していないのです。
その同志社大学日本語・日本文化教育センターの教員たちは、様々なバックグラウンドの留学生を長く担当してきています。また海外で生活し、学び教えた経験を持つ者も少なくないため、留学の不安や苦労を理解し、一人ひとりの学生を大切にして向き合っています。

講義については、日本語能力に応じて1~9レベルに分け、長年にわたり培われたカリキュラムによる細やかな指導を行っています。皆さんには必ず「同志社で、日本語や日本文化を学んで良かった」と感じていただける日が来ることでしょう。

みなさんに、同志社の最初の卒業生への新島先生のことばをお送りします。
Go, go, go, in peace. Be strong!
Mysterious hand guide you!

「同志社」という名前は、同じ志を持つ者の集まりを意味しています。
どうか「留学」によって、皆さんの「志」を形あるものとして実現させてください。
皆さんの志と勇気を共有し、「同志社」で共に学ぶ日を楽しみにしております。
勇気を持って、強くあり、前に進もうとする人間は、きっと神の見えざる手に導かれるはずだから。

image
「自分自身の可能性を広げる経験を」
准教授 櫻井 千穂

はじめまして、櫻井千穂と申します。日本への留学を考え、今、このHPをご覧になっているみなさんに、次のメッセージをお伝えしたいと思います。

私は、島根県という田舎の県に生まれ育ちました。子どもから老人まで住んでいる人はみんなが顔見知り、といったとても小さな村です。そして、その村を出て、ここ、日本の伝統美あふれる京都の同志社大学に来るまでに、日本国内と海外を含め9つの都市で暮らしてきました。その経験を通して感じたことは、自分で自分に「枠」を設けないことの大切さと、世界を広げることの面白さです。

慣れ親しんだ場所、自分を大事に想ってくれる人々のそばを離れ、新しい環境に身を置くことは、多くの不安を伴うでしょう。しかし、その不安を一つ一つ克服していくことは、自分自身の可能性を広げることにつながります。新しい価値観に触れることで、たくさんの感動を感じてください。それは新しい自分との出会いとなるでしょうから。

同志社大学の先生やスタッフは、本当に「人」を大切にしています。学生一人一人の気持ちに寄り添うことをとても重要なことと考え、学習のことはもちろん、生活面においても親身に相談にのってくれます。ですから、安心して新しい一歩を踏み出せることと思います。

この同志社大学で、皆さんの希望に満ちた笑顔に出会えることを心から楽しみにしています。

image
「日本語学習の向こうに」
助教 荒井 美幸

みなさん、こんにちは。みなさんは今、自分の国を飛び出し、日本で日本語を勉強してみたいと思ってこのHPを見ていますね。自分の国を出るというのはとても勇気がいることです。まずは、そんなみなさんに大きな拍手を送りたいです。そして、是非、このセンターに来てほしいと願います。理由はたくさんありますが、その中のいくつかをご説明します。

一つ目は、みなさんの目の前の目標である日本語や日本文化を身に付けるのに最適な環境だからです。日文センターには、洗練された日本語を身に付けられるようなカリキュラムが用意されています。日本文化を学んだり体験したりできる授業もあります。そして、学習や生活の悩みをサポートしてくれる大勢の先生やスタッフがいます。キャンパスを一歩外へ出れば、有名な世界遺産を間近に見ることもできるのです。

二つ目は、みなさんの将来の課題を達成するためです。ご存じのとおり、現在、私たちが国を越え地球人として一緒に考え、解決していかなければならない問題は山積みです。共通の課題を持つみなさんが、同じ場所で学び、楽しい経験もつらい経験も共有し、語り合うことはとても貴重です。このセンターには、30か国以上もの国々から集まった500人近くもの留学生のみなさんがいます。母語も肌の色も違う仲間と異なる価値観を日本語でシェアしてみませんか。

その他のたくさんの理由については、是非自分の目で確かめに来てください。お会いできる日を楽しみにしています。

image
「同志社大学で日本語や日本文化の知識を広げよう」
助教 中井 好男

はじめまして、日本語日本文化教育センターの中井好男です。留学生のみなさんの日本語学習のお手伝いをしています。

同志社大学のあるここ京都は、都が置かれた1200年以上前から脈々と受け継がれている日本の伝統文化や美しい景色が残っていて、日本で生まれ育った私にとっても至るところで伝統と歴史が強く感じられるところです。みなさんはこれまでの日本語の勉強、アニメやドラマ、インターネットの情報などを通じて、日本文化に対するイメージを持っていらっしゃるかと思います。しかし、文化というものは、言語抜きには考えられないもので、その言語に人々の生活と歴史が深く刻み込まれています。伝統と歴史が息づく京都なら、それらを身近に感じながら日本語を学ぶことができるため、日本語はもちろん日本文化への理解も深めていくことができるのではないかと思います。

このHPを見てくださっているみなさんは、日本に行って日本語を勉強するぞ!というやる気だけではなく、同志社大学はどんなところだろう、どんな先生がいるのだろうという不安な気持ちも持っていらっしゃるかもしれません。しかし、創立当初から「国際化」を重んじる同志社大学は、多様な外国人留学生を受け入るなどのグローバル化を積極的に推進しており、みなさんの学びを支援する先生やスタッフがたくさんいます。

このように恵まれた環境にある同志社大学で、日本語や日本文化に関する知識を広げてみてはいかがでしょうか。

image
「国際的な視野をもった人間として成長してほしい」
助教 高岸 雅子

京都には長い伝統に培われた文化が根付いていると同時に、新しいことに挑戦しようとする革新的な部分もあります。このように、京都は古いものと新しいものが共存する魅力的な町です。 そんな京都のほぼ真ん中にあるのが同志社大学です。

私がみなさんに留学先としてこの同志社をお勧めしたいと思う理由は次の三点です。
まず日本語・日本文化教育センターには、経験豊かな教員とスタッフが揃っており、「日本語が上手になりたい」「将来日本と深く関わりたい」というみなさんの目標や夢が叶うようにと、教員もスタッフも総力を挙げて心を込めてサポートしています。
二点目は京都の伝統文化に直接触れる機会に恵まれていることです。大学近くに多くの文化遺産があるだけでなく、伝統文化の家元や老舗の店主による講義を受ける機会もあり、京都の文化の奥深さを知ることができます。
三点目は大学の教室そのものが異文化交流の場であることです。同志社には世界中から優秀な留学生が集まっています。また多くの日本人学生がボランティアとしてみなさんの日本語学習のサポートをしてくれます。このように多様な文化背景をもった学生同士で共に学び、協働作業をし、議論をすることにより、自国の文化を客観的に見直し、異なった考えや価値観を受け入れる柔軟性を養うことができるでしょう。

みなさんには、ここ京都の同志社でさまざまな経験をし多くの人と知り合うことによって、国際的な視野をもった人間として大きく成長してほしいと思います。

image
「日本語を感じてみませんか」
助教 築山 さおり

みなさんは「五感」という言葉を知っていますか?「見る」、「聞く」、「臭う」、「触れる」、「味わう」、これが五感です。日本では季節ごとに咲く花や景色の色が変わり、食べ物もその彩りを変えていきます。それゆえ、日本語にはそれらを表す言葉が数多くあり、表現も多彩です。

日本語は語彙が多く、習得が難しい言語だと言われていますが、それだけ感性の豊かな言葉なのだと私は思います。日本語の一つ一つの響きの中には愛や思い遣りや労り、また、怒りや悲しみを表現するものも多々あり、それは五感で感じるのと同じくらい豊かな感情を私たちに与えてくれます。つまり、「心を感じる」感覚が日本語にはあるのだと思います。
日本語の学びを進めるにつれて、あなたの日本語は深みや輝きを増し、あなたの気持ちを相手に届ける豊かなツールとなることでしょう。そして、あなたの言葉の一つ一つがあなたと多くの人とをつなげ、世界をより広く、彩り鮮やかなものにしてくれることでしょう。

私は同志社大学で学ぶみなさんが日本語の豊かな表現を身に付け、自分の想いを多彩な表現で人に伝えられるようになって欲しいと願っています。
ここ京都の四季を感じながら、様々な国の人と心を通わせてみませんか。

ページの先頭へ