HOME > 留学生の声/ 留学生メッセージ

留学生の声

留学生メッセージ

同志社大学に学ぶ留学生の多くが、奨学金制度や授業料減免制度を利用して充実した学生生活を送っています。現在同志社大学で学んでいる留学生の声を紹介します。


同志社への一歩=世界へのアクセス
Z・Jさん(出身:中国)
商学研究科入学
*留学生別科からの推薦を受け、外国人留学生入試で合格

同志社大学ホームページで校名の由来のところに「志を同じくする者が集まって創る結社」という言葉を見つけた瞬間、ぐっと胸に響きました。その名に惹かれて、「清水の舞台から飛び降りる」という気分で、同志社大学留学生別科に入学しました。一年以上別科に在籍し、日本語力が格段に進歩したということもさることながら、視野も今までとは比べものにならないほど広がりました。年齢、宗教、国籍など一切問わず、ただ日本に対する興味によって集まってきた我々は、未熟な日本語をベースに、手振りや身振りを混じえながら、互いの文化の醍醐味を味わってきたのです。たとえば、ディベートの授業で、さまざまな時事問題について意見を交わした時、普段思いつかない意見が次々と出てきました。世間で頻繁に使われている「グローバル化」の意味を、その時、身を持って感じました。同志社大学留学生別科はまさに小型の世界そのものです。 このような同志社での留学生活の中で、「思い切って一歩を踏み出し、後悔せずに最後までやり抜けば、人生の扉の向こうにはきっといいことが待っている」という信念を持つようになりました。同志社こそ、私の人生のもうひとつの原点だと確信しました。 「留学する」ということは、世界へアプローチすることと一緒です。留学生向けの相談制度や奨学金制度が万全に整えられている同志社大学は世界への近道です。迷わず、私と一緒に同志社で夢を膨らませましょう。

人生の宝物
Y・Rさん(出身:中国)
政策学部政策学科入学
*留学生別科からの推薦を受け、外国人留学生入試で合格

2年前、日本に留学しようと決めたとき、迷わず一番日本的な京都を選びました。今出川キャンパスは古都 京都の中心部に位置しています。欧米風の建物の下で桜が満開となっていて、大学の正門を出たら京都御所や由緒ある相国寺がすぐ目に入るという風景をパンフレットで見て、西洋文化と古都の文化を共に持っている教育環境に深く惹きつけられました。 同志社大学留学生別科では、日本語能力だけでなく、より多くの物を得ることができました。先生たちはあなたの留学生活の信頼できる友達として、学習だけでなく生活の悩みにも親身に対応してくださいます。多くの日本人学生の友達を作ることができると同時に、同志社大学あるいは大学院の授業を聴講するチャンスもあります。ここには世界各国から来た留学生がいます。出身、言語、人種が異なるだけでなく、違う生活の背景、違う人生の経験、違う年齢、違う趣味も持っています。そんな多様な友達との日本語でのコミュニケーションを通して、より多くの知識を身に付けることができます。それはきっとあなたの人生の中で大事な宝物になるはずです。 同志社大学留学生別科に留学すると決めたことは、とても幸運でした。留学生別科の推薦制度を利用して、外国人留学生入試に合格し、希望していた同志社大学での学生生活が本格的に始まりました。同志社大学留学生別科への留学は、絶対後悔しない選択だと信じます。

京都、同志社大学にて
K・Pさん(出身:トルクメニスタン)
文部科学省奨学金留学生日本語予備教育修了後
ビジネス研究科Global MBAプログラム

トルクメニスタンから来ましたクヴァット プルムィラドフです。今のところトルクメニスタンからは私が初めてで、唯一の留学生です。このような機会に恵まれ、同志社大学に入学できたことをとても誇りに思います。
歴史的由緒があり、最先端技術が整っている同志社大学は、私が今まで見た中で、とても美しい大学の一つとしてあげられます。
私は2011年4月に来日し、まず日本語・日本文化教育センターの「日本語予備教育プログラム」を履修しました。5ヶ月間という短い間でしたが、たくさんの日本語と日本文化を学ぶことができました。日本語について、初めはうまくやっていけるか不安いっぱいのスタートでしたが、思っていたほど難しくなく、すぐにその思いは解消されました。何よりもまず素晴らしい先生たちです。日本語のほかに伝統、文化、習慣、日常生活などについての様々なことを学び、時には先生という立場を超えて、私たち学生と対等と思わせてくれるような雰囲気で接してくれました。学外では、一緒に美術館やお祭り、食事に出かけたりして、授業で学んだことを実際に体験してみる機会もたくさん与えてくれました。まだまだ完璧ではないですが、こうしたきめ細かい指導のおかげで私の日本語はずいぶん上達しました。日本語を話すことで今までの自分とは違う自分になれた気がしています。
現在は同志社大学ビジネス研究科のGlobal MBAプログラム(GMBA)に在籍しています。GMBAは世界レベルの教授陣、スタッフ、ハードなカリキュラム構成、そしてトップレベルの留学生がそれぞれの学習経験を最大限に活かすことができるやりがいのあるプログラムです。世界各国様々な視点から専門性を高めることができる充実した内容であり、また新しい友達づくり、人的ネットワークの拡大、幅広い知識と技術を身に付けるのに抜群の環境だと思います。私のような留学生にとって、日本の生活に浸りながら国際的キャリアを目指すのにとてもいい機会です。たくさんの友達と経験豊富な教授と知り合うことが出来たこのGMBAプログラムは、私の一生の宝物です。
最後に忘れてはならないのが、同志社大学がある、とても魅力的な京都という街です。もしあなたが歴史、文化、現代的な暮らし、そして自然の美しさを一度に経験してみたいのなら、ぜひ京都に、ぜひ同志社大学に来ることをお勧めします。

ページの先頭へ