HOME > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス一覧

同志社大学への留学を希望される方

外国人留学生ハンドブック

3/15(火)日文センター主催シンポジウム 『日本社会を生きるとは-ことばとオートノミーと社会的行為主体-』について

多くの方々のご参加、ありがとうございました。

多言語多文化状況にある日本社会では、多様なバックグラウンドを持つ人々が主体的な生を生きています。
この生を可能にするのがことばであり、そのことばの獲得の原動力となるのがオートノミーです。本シンポジウムでは、主体性における課題をことばやオートノミー、社会的行為主体という観点から考え、言語教育に携わる人々に何ができるのかを議論します。

参加ご希望の方は、2019年3月11日(月)までに、同志社大学ホームページ「参加申込みフォーム」よりお申し込みください。

■テーマ 
 『 日本社会を生きるとは -ことばとオートノミーと社会的行為主体- 』

■開催日
 2019年3月15日 (金)  ※受付12:00-12:30

■場所
 同志社大学今出川キャンパス
 良心館3階 RY305号室

■プログラム

※詳細はチラシをご覧ください

 3/15日本語・日本文化教育センター主催シンポジウムチラシ[PDF 508KB]

12:30 開会挨拶
(日本語・日本文化教育センター所長 新 茂之) 
12:40 【基調講演】
『学習者と教師のオートノミーを考える-制約との対話に向けて-』
中田 賀之 氏 (同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 教授)
【パネル】
13:55 Ⅰ 経験についての語り
  • 中井 好男 氏 (同志社大学 日本語・日本文化教育センター 助教)
  • Katherine Thornton 氏 (追手門学院大学 基盤教育機構 准教授)
  • 姜 志鮮 氏 (龍谷大学 非常勤講師)
15:40 Ⅱ ディスカッションの視点の提起
  • 細川 英雄 氏 (早稲田大学 名誉教授)
  • 春原 憲一郎 氏 (公益財団法人京都日本語教育センター 京都日本語学校校長)
15:40 Ⅲ ディスカッション
17:30 閉会挨拶

 

主催 同志社大学 日本語・日本文化教育センター
共催 科学研究費基盤研究(C)
「日本で学ぶ日本語学習者の社会的アイデンティティとことばの獲得と学習者オートノミー」

 

■お問い合わせ: 国際教養教育院事務室
Eメール ji-nbn@mail.doshisha.ac.jp

                 

ページの先頭へ