HOME > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス一覧

同志社大学への留学を希望される方

外国人留学生ハンドブック

1月17日(金)シンポジウム『行定勲監督と語る映画の可能性~熊本の過去・現在・未来~』開催

1/17シンポジウムチラシ行定勲映画監督をお迎えし、2本の映画を上映し、監督に製作の背景をディスカッション形式で伺うほか、同志社と熊本との歴史、熊本に関する文学・芸術についての講演を通して、熊本の未来を考えるシンポジウムを開催いたします。

テーマ
『行定勲監督と語る映画の可能性 ~熊本の過去・現在・未来~』
開催日
2020年1月17日 (金) 開演13:30 (開場13:00)
場所
同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 地下1階 ハーディホール
京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅 2番出口より北へ徒歩約2分
*駐車場・駐輪場はありません。公共交通機関をご利用ください。
*ホール内の飲食はお断りしております。ご了承ください。
プログラム
13:30 開会挨拶
田口 聡志 氏 (同志社大学 日本語・日本文化教育センター所長)  
13:35 【基調講演】
「熊本と同志社」
井上 勝也 氏 (同志社大学 名誉教授)
14:15 【熊本の過去・現在・未来】
ⅰ「文学と熊本~三島由紀夫『奔馬』を中心に~」
木谷 真紀子 氏 (同志社大学 日本語・日本文化教育センター准教授)
ⅱ「熊本というプレイスの価値をブランドで考える」
髙橋 広行 氏 (同志社大学 商学部准教授)
14:55-16:15 映画『うつくしいひと』『うつくしいひと サバ?』上映
16:30-17:30 パネルディスカッション
「行定勲監督と語る映画の可能性」
<登壇者> 行定勲監督、田口聡志氏、髙橋広行氏、木谷真紀子氏


※本シンポジウムでは募金活動を行い、その全額を熊本復興支援活動に寄付いたします。

※詳細はチラシをご覧ください (PDFはこちら

■お問い合わせ: 国際教養教育院事務室
Eメール ji-nbn@mail.doshisha.ac.jp

                 

ページの先頭へ