• HOME
  • 日本で、京都で学ぶ
  • 同志社大学について
  • お問い合せ

HOME > 同志社大学について

同志社大学について

千年の都、京都の地にて

同志社大学の校地は2つあります。京都市中心部、京都御所の北側に位置し、由緒ある相国寺に隣接した今出川校地は同志社大学の誕生の地であり、135年に渡る歴史そのものと言えます。キャンパス内の5つの建物は国の重要文化財に指定されています。また、古都の芸術・文化の伝統は、同志社大学の学問に独自の存在感を与えています。この京都文化を実感する経験こそ生涯の財産と言えるかもしれません。
一方、京都府南部に位置する京田辺校地は緑豊かな自然に包まれ、79万㎡という広大な敷地に最新の施設・設備を有し、現代建築の精緻さを誇る学舎が並んでいます。このような歴史と伝統と清新さを持つ教育環境の中で、外国人留学生を含め約2万7千人の学生が学んでいます。

▼ 詳細につきましては下記(同志社大学サイト)にて御覧ください。

ページの先頭へ
アイコンの説明 >> ・・・・・当サイト内リンク ・・・・・日文センターのサイトにリンク ・・・・・同志社大学のサイトにリンク