HOME > 学生生活/ 住居・寮について/ 日本に暮らす

学生生活

日本に暮らす

日本に暮らす

留学生にとって日本で暮らすことは、とてもわくわくすると同時に不安や心配も多いことと思います。日本で快適な暮らしをするためには守らなければならないルールがあります。難しいことはありません。ただ、知らないということが、思わぬトラブルを招くことになります。ルールを守って楽しい留学生活を送ってください。

1.「ごみ」について【京都市】
ゴミ袋 京都市ではゴミを捨てるためにゴミ専用の袋を使用しなければなりません。コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなどに売っています。ゴミ袋の種類は燃えるゴミ用(黄色)、燃えないゴミ用(透明)の2種類あります。大きさもいろいろありますので、自分の出すゴミの量によって使い分けてください。決まった袋に入れてゴミを捨てないと回収業者はゴミを収集してくれません。
燃えるゴミ 紙類、服など
燃えないゴミ プラスチック、缶、びんなど
ゴミを捨てる ゴミを捨てる日は住んでいる地域によって違います。1週間に燃えるゴミを捨てる日が2回。燃えないゴミの日が1回あります。それぞれ曜日で決められています。自分の住む地域が何曜日にごみを捨てるのか部屋を借りるときに確認しておきましょう。捨てる場所も決まっているのでそれも一緒に確認しておきましょう。
ゴミの日以外にゴミを捨てることは絶対にしてはいけません。カラスや猫がゴミを荒らしたり、においがしたりします。近所に住む住民の方や同じアパートの方にとって大変迷惑な行為になります。必ずゴミを捨てる日の朝8時以降にゴミを出しましょう。 自分のアパートの廊下や共有部分にゴミを置いておくのも迷惑行為になります。

※住んでいる地域により、ゴミのルールは異なります。各自治体のルールに従い、ゴミを出すようにしてください。

京都市/ごみのホームページ
>http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000016745.html

京田辺市/ごみとリサイクルのホームページ
>http://www.kyotanabe.jp/gomi/gomi_3r.html

2.騒音について

夜中や朝方に奇声や音楽、話し声がうるさいなどの騒音に関するトラブルがよく起こっています。
騒音がひどい場合は部屋の強制退去を命じられる場合もあります。夜10時~朝8時くらいまでは日本では静かにする、またはして欲しい時間帯です。夜遅く、部屋に帰って来たときなどは、階段などで立ち話をしたり騒いだりしてはいけません。携帯電話で他人の家の前などで話すのもやめましょう。部屋の中でも大きな音や大声を出してはいけません。よく考えて行動しましょう。

3.家賃 水光熱費など料金の支払について

暮らしていくときに家賃、水光熱費、電話通話料、インターネット料、国民健康保険料など、さまざまな料金をあなたは支払わないといけません。そして料金の支払には必ず支払期限があります。
支払期限は必ず守りましょう。留学生が日本社会の中で信頼してもらうことはとても大事なことです。守らない人が増えれば、留学生には部屋を貸さないと言うことになる場合もあります。次に日本に来る留学生が困ることになります。あなたの問題だけではなくなるのです。
お金の管理もとても大事なことです。

4.部屋について

部屋はきれいに大切に使うように心がけましょう。退去するときに汚れや傷、破損などの修理、修復代は部屋の使用者が支払わなければならない場合があります。

ページの先頭へ